[ トップページ | メンバー | 研究内容 | 研究業績 | リンク | English ]



原著論文(2008〜)
  • Okimura C. and Iwadate Y. (2017). Directional cell migration in response to repeated substratum stretching. Journal of the Physical Society of Japan 86: 101002. doi: 10.7566/JPSJ.86.101002
  • Okimura, C. and Iwadate, Y. (2016). Hybrid mechanosensing system to generate the polarity needed for migration in fish keratocytes. Cell Adhesion & Migration 10: 406-418. doi: 10.1080/19336918.2016.1170268
  • Okimura, C., Ueda, K., Sakumura, Y. and Iwadate, Y. (2016). Fast-crawling cell types migrate to avoid the direction of periodic substratum stretching. Cell Adhesion & Migration 10: 331-341. doi: 10.1080/19336918.2015.1129482
  • Adachi, K., Tokushige, M., Omata, K., Yamazaki, S. and Iwadate, Y. (2016). Kinetics of coloration in photochromic Tungsten(VI) Oxide/Silicon Oxycarbide/Silica hybrid xerogel: Insight into cation self-diffusion mechanisms. ACS Applied Materials & Interfaces 8: 14019−14028. doi: 10.1021/acsami.6b04115
  • Sonoda, A., Okimura, C. and Iwadate, Y. (2016). Shape and area of keratocytes are related to the distribution and magnitude of their traction forces. Cell Structure and Function 41: 33-43. doi: 10.1247/csf.15008
  • Nakata, T., Okimura, C., Mizuno, T. and Iwadate, Y. (2016). The role of stress fibers in the shape determination mechanism of fish keratocytes. Biophysical Journal 110: 481-492. doi: 10.1016/j.bpj.2015.12.014
  • Narematsu, N., Quek, R., Chiam, K.-H. and Iwadate, Y. (2015). Ciliary metachronal wave propagation on the compliant surface of Paramecium cells. Cytoskeleton 72: 633-646. doi: 10.1002/cm.21266
  • Nakashima, H., Okimura, C. and Iwadate, Y. (2015). The molecular dynamics of crawling migration in microtubule-disrupted keratocytes. Biophysics and Physicobiology 12: 21-29. doi: 10.2142/biophysico.12.0_21
  • Tsugiyama, H., Okimura, C., Mizuno, T. and Iwadate, Y. (2013). Electroporation of adherent cells with low sample volumes on a microscope stage. Journal of Experimental Biology 216: 3591-3598. doi: 10.1242/jeb.089870
  • Iwadate, Y., Okimura, C., Sato, K., Nakashima, Y., Tsujioka, M. and Minami, K. (2013). Myosin-II-mediated directional migration of Dictyostelium cells in response to cyclic stretching of substratum. Biophysical Journal 104: 748-758. doi: 10.1016/j.bpj.2013.01.005
  • Uyeda, Q.P.T., Iwadate, Y., Umeki, N., Nagasaki, A. and Yumura, S. (2011). Stretching actin filaments within cells enhances their affinity for the myosin II motor domain. PLoS ONE 6: e26200. doi: 10.1016/j.bpj.2013.01.005
  • Iwadate, Y. and Yumura, S. (2009). Cyclic stretch of the substratum using a shape-memory alloy induces directional migration in Dictyostelium cells. Biotechniques 47: 757-767. doi: 10.2144/000113217
  • Pramanik, Md. K., Iijima, M., Iwadate, Y. and Yumura, S. (2009). PTEN is a mechanosensing signal transducer for myosin II localization in Dictyostelium cells. Genes to Cells 14: 821-834. doi: 10.1111/j.1365-2443.2009.01312.x
  • Iwadate, Y. and Nakaoka, Y. (2008). Calcium regulates independently ciliary beat and cell contraction in Paramecium cells. Cell Calcium 44: 169-179. doi: 10.1016/j.ceca.2007.11.006
  • Iwadate, Y. and Yumura, S. (2008). Actin-based propulsive force and myosin II-based contractile force in a migrating Dictyostelium cells. Journal of Cell Science 121: 1314-1324. doi: 10.1242/jcs.021576
  • Iwadate, Y. and Yumura, S. (2008). Molecular dynamics and forces of a motile cell simultaneously visualized by TIRF and force microscopies. Biotechniques 44: 739-750. doi: 10.2144/000112752

著書・総説・雑誌記事など (2008〜)
  • 岩楯好昭 (2017). 運動性線毛群が示すメタクロナールウェーブの伝播メカニズム. 実験医学 35: 1320-1321.
  • Iwadate Y (2016). Muscle Contraction and Cell Motility: Fundamentals and Developments. Chapter 16 The biomechanics of cell migration. 381-408. Ed. Sugi H, Pan Stanford Publishing.
  • 岩楯好昭 (2016). 遊走細胞の細胞膜張力勾配. 実験医学 34: 1418-1419.
  • 岩楯好昭 (2015). 第5章 細胞運動のメカノバイオロジー(書籍 メカノバイオロジー「第2部:細胞のメカノバイオロジー」). 曽我部正博編集 化学同人.
  • 岩楯好昭 (2015). 精密な測定はシンプルな方法で.細胞の立体形状の計測から得られる細胞遊走の力学. 実験医学 33: 920-922.
  • 岩楯好昭 (2014). 細胞が“力”を測定するしくみ. 実験医学 32: 563-564.
  • 岩楯好昭 (2012). 細胞運動におけるメカノセンシング(特集 細胞力覚:発生・再生と疾患を制御する力学的コミュニケーション「第2部:細胞運動における力とメカノセンシングの役割」). 細胞工学 31: 1005-1010.
  • 岩楯好昭 (2010). トピックス 粘菌アメーバの牽引力と力学応答. 生物物理 50: 182-183.

特許 (2008〜)
  • 特許第5896376号 発明の名称:マイクロポレーション装置.発明者:岩楯好昭・継山晴進 提出日2012年3月29日、登録日2016年3月11日
  • 特開2009-254275 発明の名称:形状記憶合金を用いた細胞伸縮装置.発明者:岩楯好昭・祐村惠彦 提出日2008年4月16日
  • 特許第4931012号 発明の名称:全反射照明蛍光顕微鏡用カバーガラス.発明者:岩楯好昭・祐村惠彦 提出日2007年11月20日、登録日2012年2月24日

招待講演 (ありがとうございます)(2008〜)
  • 沖村千夏、谷口篤史、野中茂紀、岩楯好昭.魚類表皮の遊走細胞ケラトサイトの車輪. 第69回日本細胞生物学会大会シンポジウム「先端イメージングが解き明かす新しい細胞像」. 仙台国際センター. 2017年6月14日.
  • Iwadate Y. Compliancy of the cell cortex can serve as a mediator for the propagation of metachronal waves in Paramecium cells. The 22nd International Congress of Zoology. Symposium 9. Cilia: their coordination in motility, morphogenesis and eukaryotic evolution (IS9) . OIST. 2016年11月15日.
  • 岩楯好昭.ケラトサイトの運動とアクチン細胞骨格のダイナミクス. 日本物理学会2016年秋季大会 [物性] 領域12シンポジウム 主題:ソフトマター. 金沢大学. 2016年9月14日.
  • 岩楯好昭. Polarity generation of crawling cells under cyclic substratum-stretching. RIMS共同研究「ミクロな振る舞いと集団的パターン形成に係る階層的構造の解明」 . 京都大学. 2016年9月12日.
  • Iwadate Y. Shape determination and polarity generation for migration depending on stress fibers in fish keratocytes. 新学術「ゆらぎと構造」領域 領域賞受賞者講演.九州大学.2016年6月18日.
  • 岩楯好昭・堀学. ゾウリムシ繊毛運動の制御とメタクロナール波の伝達(第33回エアロ・アクアバイオメカニズム学会. 鳥取大学. 2015年9月3日.
  • Iwadate Y. Cyclic stretching of substratum induces directional migration in fast-crawling cells. Symposium on “Modern Methods in Computing Biology”. Bioinformatics Institute, A*STAR, Singapore. 2015.3.23-24.
  • 岩楯好昭.ゾウリムシ繊毛群のメタクロナールウェーブは細胞の弾性を利用して伝播するか? 理研シンポジウム 第4回分子モーター討論会.大阪大学.2014年 6月27日-28日.
  • 岩楯好昭.メカノセンシングによる細胞の遊走方向の決定.理研シンポジウム「細胞システムの動態と論理」.理研和光本所.2014年 4月3日-4日.
  • 岩楯好昭,沖村千夏,佐藤克也,中島雄太,南和幸,水野敬文,作村諭一.細胞の基質牽引力に基づくアメーバ運動の前後極性.第36回日本分子生物学会,ワークショップ:新しいメカノバイオロジーを目指す工学と生物学の融合.神戸ポートアイランド.2013年 12月3日-6日.
  • 岩楯好昭.遊走細胞の前後極性を生み出す牽引力.千葉大学理学部物理学科 櫻井先生・北畑先生研究室セミナ.千葉大学.2013年 11月7日.
  • 岩楯好昭.アメーバ運動の基質牽引力と運動の前後極性.細胞研究会「細胞機能究明の最前線」千葉大セミナー.単一細胞から多細胞までのメカノセンシングと細胞マニピュレーション.千葉大学.2013年 3月1日.
  • 岩楯好昭.自分自身の“力”による遊走細胞の前後極性形成.第9回バイオオプティクス研究会,山口大学.2012年 12月7日-8日.
  • 岩楯好昭.A possible mechanism of traction forces and directional migration in Dictyostelium cells. MBI seminar and Workshop. シンガポール国立大学.2011年 9月13日-14日.
  • 岩楯好昭.アメーバ運動の力と極性形成の機構.BMB2010(第33回日本分子生物学会 第83回日本生化学会 合同大会),ワークショップ:3W6 細胞が感じる力と生み出す力.神戸ポートアイランド.2010年 12月7日-10日.
  • 岩楯好昭.アメーバ運動の力計測と力受容による運動方向の決定.定量生物学の会第二回年会.大阪大学.2010年1月10-11日.
  • 岩楯好昭,祐村恵彦.粘菌アメーバの牽引力と力学応答.九大SSP「時空間階層生命科学」プロジェクトシンポジウム.九州大学.2008年2月21日.<

研究助成(ありがとうございます)(2008〜)
  • 岩楯好昭.科研費 基盤研究(C)(特設分野).セミ人工細胞開発による遊走細胞の前後極性創成メカニズムの解明.2017年度〜2019年度.
  • 岩楯好昭.科研費 新学術領域「数理シグナル」.アメーバのかたちを決めるメカノシグナル伝達.2017年度〜2018年度.
  • 岩楯好昭.科研費 基盤研究(C).細胞膜張力シグナルによる遊走細胞のミオシンII集積.2017年度〜2019年度.
  • 松野浩嗣(代表), 西井淳, 浦上直人, 堀学, 岩楯好昭.科研費 基盤研究(B).細胞運動の動力学ダイナミクスの分子・遺伝子発現シミュレーションによる理解. 2016年度〜2019年度.
  • 岩楯好昭.山口大学後援財団 教職員海外派遣助成. The 6th International Conference on Computational Methods(ICCM2015). 2015年度.
  • 岩楯好昭.科研費 新学術領域「運動マシナリー」.細胞弾性で伝わる繊毛メタクロナールウェーブの分子メカニズムと普遍性.2015年度〜2016年度.
  • 岩楯好昭.科研費 挑戦的萌芽研究.細胞を遊走させる回転するストレスファイバ.2014年度〜2016年度.
  • 岩楯好昭.科研費 新学術領域「ゆらぎと構造」.遊走細胞のかたちを決める分子ダイナミクス.2014年度〜2015年度.
  • 岩楯好昭.科研費 新学術領域「運動マシナリー」.繊毛群のメタクロナールウェーブ伝達機構.2013年度〜2014年度.
  • 岩楯好昭.科研費 新学術領域「動く細胞と秩序」.アメーバ運動の“力”による細胞の自律的な前後極性形成メカニズム.2011年度〜2012年度.
  • 岩楯好昭.JST A-STEP.再生医療のための生体外組織形成に向けた細胞の力の可視化装置の開発.2010年度.
  • 岩楯好昭.山口大学戦略的研究推進プログラム(学内).アメーバ運動の自律的秩序形成メカニズム.2010年度.
  • 岩楯好昭.科研費 挑戦的萌芽研究.繊毛のメタクロナールウェーブシステムの理解.2010年度〜2012年度.
  • 岩楯好昭.JST シーズ発掘試験.再生医療のための生体外組織形成へ向けた新規細胞伸展装置の開発と応用.2009年度.
  • 岩楯好昭.JST さきがけ「生命システムの動作原理と基盤技術」領域.アメーバ運動の伸長収縮システムを用いた生物リズムの解明.2008年度〜2011年度.


Faculty of Science, Yamaguchi University
© 2008 Iwadate Y